« Vol.026:酉の市だよ! 全員集合の巻 | トップページ | Vol.028:反省会とライブ録音の巻 »

2006年11月29日 (水)

Vol.027:前代未聞! 酔っぱらいデジオの巻

Vol.027:前代未聞! 酔っぱらいデジオの巻
今回はひどいです。
「2525稼業」の「かぎょう」を3回言い直したくらい酔っ払ってます。
たまには許してください。
「乙女の稲荷」は、ヴィオロンライブの録音が来たので、一曲目に演奏した「暁の唄」をかけました。
元曲はPaul Whiteman and his orchestraをフューチャーした映画"King of Jazz"の挿入曲のひとつ"Song of the Down"で、浅草オペラのスター、二村定一が1931年2月にコロンビアの(SP)レコードに吹き込んだ日本語詞のものをカバーしました。

・暁の唄  Milton Ager作曲 中里富次郎訳詩

☆2525稼業から ライブのお知らせ☆
さてさて、次のライブがあるよ。
12/1(金)に「江古田 フライングティーポット」にて行います。
(そしてそして、年末の12/29にもライブをやるよ)
詳しくは公式サイトを見てね!

そして、今思い出してもわからない謎の体験を語るコーナー「あれはなんだったんだろう」、まだまだ募集中です。
日常の謎、人間関係におけるミステリー、小さい頃の不思議なできごとなどありましたら、
↓こちらにどしどしお寄せください。
「あれはなんだったんだろう」投稿フォーム

|

« Vol.026:酉の市だよ! 全員集合の巻 | トップページ | Vol.028:反省会とライブ録音の巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Vol.026:酉の市だよ! 全員集合の巻 | トップページ | Vol.028:反省会とライブ録音の巻 »